どこまでも空は青く


讃美歌Ⅱ194番 

おお み神をほめまつれ つきぬ生命あたえんと
ひとり子をも惜しみなく 世びとのためくだしたもう

ほめよ ほめよ 神の愛を
うたえ うたえ 主のみわざを
そのみわざにあらわれし 父なる神の めぐみを

主はあがない成し遂げて み名にたよる人々の
罪はいかに深くとも 赦しあたえたすけたもう

ほめよ ほめよ 神の愛を
うたえ うたえ 主のみわざを
そのみわざにあらわれし 父なる神の めぐみを

げにとおときみ救いよ いとくすしきみ教えよ
たぐいもなきよろこびは ふたたび主にまみゆる日

ほめよ ほめよ 神の愛を
うたえ うたえ 主のみわざを
そのみわざにあらわれし 父なる神の めぐみを

***

それ神はその獨子を賜ふほどに世を愛し給へり、
すべて彼を信ずる者の亡びずして、永遠の生命を得んためなり。


   ヨハネ傳 第三章十六節
[PR]
by powder_snow31 | 2006-08-19 14:53 | 賛美

<< 聖歌 206番      祈り >>
思いつくままに
by powder_snow31