どこまでも空は青く


炎のランナー

何故、主人公のエリック・リデルは自分が走ることを、神の栄光をたたえることと言ってるのだろう。走れば走るほど、喜びが湧き上がってくると言っているのはどうしてだろう。
実話を元にした映画でのシーンのことなのに、気になっていた。走ることが栄光・・・。

          *         *         *

「結婚することになった。きちんと式だけは挙げたいから
すまないが、おまえの教会の牧師さんに 挙式の件を頼んでもらえないだろうか。」

突然、兄から電話が入った。急に海外勤務を言い渡され
赴任する前に、めぐり合った素敵な女性と結婚することを決めたのだ。

時間はあまりない。大事な結婚式だ、簡単でいいと言ったけれど相手の女性のことが頭をよぎる。主人と相談し、神に祈ってから一つ、一つのことに取り組んで行った。

するとどうだろう、
牧師が心良く引き受けて下さったことからはじまって
衣装のことも、身内だけの披露宴のことも、
何から何まで半日もしないうちに準備できてしまったのである。
それは、まるで すでに用意されていたものを、受け取ったという感覚だった。
披露宴に使う 料亭の予約の日にちを間違えたりもあったが
それも当日まで気がつき、訂正できるように守りがあった。
イエス様が、すべてのことをして下さっている・・・・。

式当日は会堂いっぱいに聖らかなものが流れ、感動でつつまれた。
花嫁さんがとても美しく、兄は幸せものだと思った。

何時も、自分の肉親のように私の両親、兄弟のことを世話してくれる主人にも
心から感謝した。

新婦のご家族の方から、
「感動しました、お世話いただき どうもありがとうございました。」と
随分感謝の言葉をいただいた。
でもそれは私の耳元を通り過ぎ、
天に向かい「イエスさま、どうもありがとうございます。」と言ってるように聞こえた。
私達ではなく、神がすべてのことをなして下さった。
私の内側から喜びが湧いてきた。

そうか、エリック・リデルの喜びってこういうことなのかな。
少しだけ分かるような気がして、そのことが何より嬉しかった。

         *         *         *

あれから10年以上が過ぎたけれど、他愛無い疑問にも優しく応えて下さる
イエス様の魅力はますます尽きない。

かくてわが神は己の富に隨ひ、キリスト・イエスによりて汝らの凡ての窮乏を榮光のうちに補ひ給はん。
願くは榮光世々限りなく、我らの父なる神にあれ、アァメン。


     ピリピ人への書 第四章十九節~二十節(文語訳聖書)
[PR]
by powder_snow31 | 2006-09-19 14:34 | 証し

<< 美しい国      聖歌 206番 >>
思いつくままに
by powder_snow31