どこまでも空は青く


イングリッシュエイジ

我が家の倉庫が、デンデケデケデケ一色に染まっていた頃、
4歳年上の兄の方は、着実に我が道を、メリー・ホプキンの
レコードと共に歩んでいきました。

世界中を旅行することを夢み、それを語り続け、
英語に熱を入れる彼に、ここでも家族は巻きこまれました。

NHK教育のラジオ、テレビ番組、文化放送の百万人の英語をはぼ制覇。
家族は 観たい番組も観れず
英語は話せなくても、田崎先生のことはお馴染みの人となりました。

ブラザーのタイプライターを駆逐して
アメリカ、オーストラリアのペンフレンドとの英語の特訓。
ここで、一番困ったことは
オーストラリアから送られた一通の手紙。
同封されていた写真には、自宅の大きなプールをバックに金髪の美少女が写っています。
おまけに、こちらの写真も送ってくれと 書いてあるではありませんか。

北海道の、それもド田舎に住み、どんな写真を送れるというのでしょうか。
以下省略。

その兄は自分が思い、語った通りの人生を歩むこととなりました。

ましてや、神の子供達に神さまが良くして下さらないはずはないですよね。

今日の所属教会のメッセージは、主のみに信頼し、
自分の思いと言葉を否定的なものから守れと
語られていましたので、書いてみました。

妹の方は、
さっぱり英語は駄目なのです・・・・が。
哀れんでくださるお方を、感謝です。
[PR]
by powder_snow31 | 2006-09-24 19:06 | 家族

<< 少年時代      青春デンデケデケデケ >>
思いつくままに
by powder_snow31