どこまでも空は青く


わすれられないおくりもの

スーザン・バーレーのこの絵本は、何度読んでも
涙が頬をつたう。

天に召された「あなぐま」と、残された仲間たちの姿に
全体を通し ゆったりとした優しいものが流れ、
年を取るごとに、心が温められる。


***

父がICUに入ってから一週間がたった頃から、
天に召されるのだなという覚悟ができてきた。

もう頭も身体も疲れていて、毎日 其の日が
過ぎていくにまかせていた。

父も昏睡状態に入り
声をかけても、応答できなくなっていた。

召される2日前だった。
眠っている父に、
「お父さん、お父さんの好きな『人生の海の嵐に』を歌おうね。」と語りかけたら
ピクッと眉毛が動いた。
父の耳元で静かに歌い、
「さあ、『主の祈り』を祈ろうね。」と続けて言うと
私の声にあわせて、まるで祈りの言葉をかみ締めるかのように
ユックリ、ユックリと首を振っている。

私自身 心も身体も限界にきていた。
それまで反応が無かった父が、賛美と祈りに応答したことが慰めであり、
天で再び会えることが希望であった。

あれから7年が過ぎようとしている。

かって
アンドリュー・マーレーの「キリストの御霊」を読んだ時
人間的なものからいっさい解放された、
霊とまことの礼拝について書かれている箇所を読み、
そうありたいと願い続けてきた。

7年前、あの惨めさの極限を超え
肉体、魂の力がつきはてた時、父は
主に向かい、ただ主だけを礼拝していたのだと
気がついたのは、ごく最近のことだ。


気がついた時、ただただ泣いた。
声を上げて泣いた。
頬をつたう涙は、温かかった。
慰め主なるお方を、ほめたたえる。

  天にまします我らの父よ
  ねがわくは、御名をあがめさせたまえ
  御国を来たらせたまえ
  御心の天になるごとく
  地にもなさせたまえ
  我らの日用の糧を 今日もあたえたまえ
  我らに罪をおかす者を 我らがゆるすごとく
  我らの罪をもゆるしたまえ
  我らをこころみにあわせず
  悪より救いだしたまえ
  国とちからと栄えとは
  限りなくなんじのものなればなり
 (主の祈り)

確かに人には「霊」がある。
信じる者には、キリストが内に住んでくださる。
そして、主との豊かな交わりが持てる。
慰めてくださるお方が、共にいてくださる。 2006. 9.30 記


***

兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

          ローマ書 12章 1節(口語訳)
[PR]
by powder_snow31 | 2006-09-30 10:19 | 証し

<< サムエルの絵      少年時代 >>
思いつくままに
by powder_snow31