どこまでも空は青く


この広い野原いっぱい

「お母さん、明日は尿検査なんだって!」と
小学生になったばかりの息子が学校から帰るなり、
自分の背中より大きなランドセルを下ろして、蓋を開けた。

「あれっ・・。お母さん先生からもらった尿検査の入れ物がない。」と急に元気がない。

「こら、また落としてきたな。」と怒りそうになったけれど、
ある言葉を思い出した。

確か、二人のものが心をひとつに合わせて祈るなら・・って聖書の中に書かれて
いたっけ。
ベソをかきそうになっている息子と二人 床に正座して祈る。
6歳の息子は真剣だ。
そうしたら またある言葉を思い出した。
「さがしなさい そうすればみつかります。」

私は信じていたわけではなかったけれど、やんちゃぼうずの息子の経験によいと思い
二人で自転車に乗り、尿検査キット捜索の旅へと出掛けた。

自転車をユックリ ユックリ 走らせながら、地面の右、左を見て歩く。
「こんな所を通って帰ってきてるの。」と思うような自転車も入れない路地もあって
息子の帰宅姿を想像して、心の中ではニンマリ。

行けども 行けども、その小さな尿検査のキットは、どこにも落ちていない。

とうとう小学校の手前の歩道橋のところまで来てしまった。
さあ、ここまで来たら息子も懲りて、落し物などしないで帰ってくるだろう、
もう、家に帰ろうね・・と言おうとしたその瞬間である。

「お母さん!あったよ!!」と喜び叫ぶ息子の声が。

声のする方を見ると、歩道橋のわきの広大な野原の中から、小さな試験管に似た
尿検査キットを手に満面の笑みを浮かべている息子の姿が。

「どうして見つかったの・・。」
私に主に対する畏れが走った。

そうだ、まず感謝の祈りだ。

国道をビュンビュン車が通り過ぎていく歩道に二人で跪き
見つけてくださった主に感謝を捧げた。
またしても息子は真剣だった。

時間がたてばたつほど私の中には主への畏れが増していった。
「どうして見つかったの・・。なんてすごい神さまなんだろう。」

イエス様が微笑んで私達をみてくださってるような気がした。



まだクリスチャンになって間もないころのことでした。
[PR]
by powder_snow31 | 2006-10-24 08:55 | 証し

<< 今日の礼拝から      晩秋 >>
思いつくままに
by powder_snow31